マッサージの時の痛みは問題ない?

シミウスホワイトニングリフトケアジェルを使用してマッサージをしている時、痛みを感じることはありませんか?この痛みは、良い痛みと悪い痛みの2種類あります。

 

良い痛みの場合は、マッサージをそのまま継続しても良いです。

 

でも悪い痛みの場合は、シミウスジェルを使用してのマッサージ方法を改善する必要があります。

 

良い痛みとは?お顔をマッサージ中にコリコリとした部分があり、鈍痛やイタ気持ちいい場合は、その部分が凝っている可能性があります。

 

この痛みはすぐに消えませんが、毎日コツコツとマッサージをすることによって少しずつ解消されていきます。

 

この痛みは肩こりと同様に、マッサージでコリをほぐしたり老廃物を流して血流を良くすることで痛みがなくなっていきます。

 

リンパマッサージもこれと同様です。

 

しかし1つ注意点があります。

 

それは、コリと一気に解消しようとして過度な力でマッサージしてしまうことです。

 

これはやりすぎるとシミやシワ・たるみの原因になります。

 

重要なのは、毎日少しずつソフトタッチでマッサージしていくことです。

 

悪い痛みとは?悪い痛みの原因となっている主な2つの理由が、「ジェルが少量で摩擦が起きている」「マッサージの力が強すぎる」ことです。

 

ジェルが少量の場合、摩擦によって痛みを感じることがあります。

 

摩擦はシミの原因にもなりかねないので、ジェルを惜しまずにしっかりと適量を使用しましょう。

 

適量についてはお手入れガイドに記載しています。

 

また、乾燥しているお肌のほうが皮脂量が多い潤ったお肌よりも摩擦を受けやすいため、乾燥肌の方は使用量の目安よりも多めのジェルで滑りをよくしてみてください。

 

マッサージに力を入れすぎても痛みの原因になります。

 

早くシミを薄くしたいという気持ちが強すぎてマッサージに力を入れがちですが、イタ気持ちいいくらいを力加減の目安としましょう。

 

お肌が弱い方は、気持ちいいくらいを目安にしましょう。

 

より良いお肌を目指して一緒にがんばりましょう。

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ